【毎週 金・土 ・日】プログラミング教室体験やイベントを開催しています!!!

少し試してみたい、聞いてみたいだけでも大丈夫です。
お気軽にお越しください♪
※ プログラムを学びたい人だけ入会をお願いしていますので、勧誘などはありません。 2回目でも全然OK!  体験の時間だけでもプログラミングに触れて楽しんで貰いたいと思っています。

詳細はこちら

ホーム

★本校のご紹介

2020年 プログラミングが小学校必修科目!!
2025年 センター試験(大学入学共通テスト)の試験科目に!!!

小学校では2020年、中学校では2021年、高校では2022年よりプログラミング教育が導入されます。小学校ではすでに、1人1台のPCが配られました。さらに、2025年にはセンター試験(大学入試共通テスト)の試験科目に「情報科目」追加され、プログラミング能力が問われます。数年後には、プログラミングが算数や国語のように当たり前の時代になります。既にイギリスなどでは、2013年から必修化されており、日本は遅れて必修化されます。

子供の将来に備える、プログラミング教育を!!

プログラミング教室風景1プログラミング教室風景4

プログラミング教室風景3

プログラミング教室風景2

そもそも、なぜ急にプログラミング教育が必要になったのか?(下の文科省の動画をご覧ください)

■上記のまとめと考察(略記)

背景

情報化の技術革新、今後10年~20年程度で半数近くの仕事が自動化、第四次産業革命によりAIが進化し、社会や生活を大きく変えると予測、今、学校で教えている事は、時代が変化したら通用しなくなるではないか、人口知能(AI)が人間の職業を奪うのではないかといった不安の声・・
これに向き合いコンピューターや人工知能を積極的に活用できる人材になれるように、プログラミングが必修化になりました。

考察

そもそも、我々の社会では既にたくさんのコンピューターに囲まれています。自宅でも、テレビや冷蔵庫、洗濯機など電化製品は全てコンピューター制御が組み込まれています。しかし、これが全てブラックボックスだとすると、これらをどのように上手に活用していけばいいのか分かりませんよね。社会人になると、もっとコンピューターは身近なものになります。仕事は全てパソコンを通して行われるでしょう。コンピューターを理解する為には、プログラミングが欠かせません。

あなたはどのようにコンピューターが動いているのか、説明できますか?

今までの小学校の教育では、これがすっぽりと抜け落ちていました。植物や磁石、電気の仕組みは習うのに、こんなに身近なコンピューターの事はブラックボックスだったのです。そして、プログラミングは、ほかにも沢山の価値があります。一人で考えてやり抜く力、論理的な思考力なども養えます。論理的思考力については以下にも記載していますので、最後までお読み頂ければ幸いです。

私たちが教えるプログラミング教室では、関西で人気を誇る、ロジカ式プログラミングを採用しています。ロジカ式プログラミングの特徴はただプログラミングのアプリを淡々とこなすのではないという事です。順序立ててプログラミングの組み立て方を一から学んでいき、きちんと子どもたちが覚えられたかどうかを自分でチェックできる紙媒体の教材を通してプログラミングを学んでいきます。

さらには、今流行りのマインクラフトをプログラミング学習を通して動かす事ができます。最初は楽しみながら、プログラムの楽しさを、論理的に考える知的好奇心を知って頂きたいと思います。

最終的には大人たちでも作るのが困難なゲームをプログラミングによって作ってしまう子どもいるので、まずはお子様が楽しんでプログラミングを出来るかどうかをプログラミング体験で遊びに来てください♪

■そもそもプログラミングで何ができるの?
普段パソコンを使ってお仕事している方は、プログラミングができるようになると、仕事にミスもなく大幅に時短できます。塾長は、他の会社のシステム保守を請負う中で、月次報告書を作成しています。メール、各種WEBサイト、EXCELなどから必要な情報を集めて来て加工して集計して、月報のフォーマットにまとめ、これを暗号化してメール送信します。これまでは2時間くらいこの作業に費やしていました。しかし、これらをvbsというWindowsで動くプログラムで自動化する事で、1秒もかけずに完了させる事ができるようになりました。ボタンを押すだけで月報がまとめあげられ、顧客にメールされます。さらに、ほぼ確実に集計ミスがありません。人間が行うとミスがでる可能性があります。これは、プログラミングできる人とできない人の効率の差とも考えられます。品質も高く、効率性も高い仕事ができるようになります。プログラミングでできる事のイメージを持って頂ければ幸いです。社会人の方も受講できますので、ご連絡ください。( info@playshiru.co )